HOME>記事一覧>いらない船がある場合に売るときの仕組みや流れ

目次

まず業者探しから

いらない船がある場合には、廃船になるどうか迷うところです。この場合には、まず業者に話を聞いてみるのが良いかもしれません。直接業者に伺うか業者に来てもらい、その船が使えるか判断してもらってから決めるのも遅くはありません。

売却できる場合も中にはある

廃船だと考えていた場合でも、それが売れるケースも少なくありません。やはりどこかに需要はあるものです。しかしながら、売却できないものも存在しています。その場合には、業者に依頼して買い取ってもらうか引き取ってもらうかのどちらかが良いです。

お金を支払わなければいけない場合もある

廃船になる場合とは、使い物にならない場合ですが、見た目の問題よりもエンジンそのものが動かない状態などがこれに該当します。人間で言えば、心臓が動かないのと同じでもはや生きているとは言えないでしょう。そのような船は、誰も求めていないため捨てるしかないわけです。この場合には、お金がもらえるのではなく費用がかかるケースもあります。費用がかかる場合には、どれぐらいかかるか見積もりをしてもらうことが必要です。

広告募集中